ページトップへ
本文へジャンプメニューへジャンプ

2017年京王グループカレンダー作品募集 京王グループカレンダー フォトコンテスト

カメラ女子への撮影

イメージ

渡邉 由香(Watanabe Yuka)|プロフィール

長野県・安曇野市在住。高校卒業後、2006年から約1年間カナダへワーキングホリデーに行き、持参の一眼レフで写真の楽しさを知る。
日本へ帰ってきてからは、渡辺正和氏を師とし、約3年間助手として山や川、雪山の撮影などアウトドアを中心に様々なジャンルの現場を経験する。中でも思い出深いのは、カヌーイスト野田知佑氏の「新・日本の川を旅する」で撮影に加わったこと。
現在はフリーカメラマンとして、アウトドアライフから人物特撮、イベントのオフィシャル撮影、ブライダルと被写体の自然な姿を撮るのを得意としている。スポーツでは一部メーカーを中心に作品を発表している。

お持ちのカメラで、ワンポイントの工夫をすれば、その場の雰囲気だけでなく、ときめきや、感動、空気感も写真に残すことができます。
女子ならではの視点で、京王線・井の頭線沿線の風景やイベントを撮影し、ご応募ください。
コツさえ押さえれば本格的な一眼レフじゃなくても、センス良く撮れること間違いなしです。
下記より撮影のワンポイントアドバイスをご覧ください。

  • 構図の種類
  • アングルの種類
  • 光をさがそう
  • 色をさがそう

三分割法

三分割法は主役のはっきりしている場面で効果的です。画面を縦横三等分し、その交点に被写体を配置します。

ワンポイント

主役(対象物)のはっきりしている場面が効果的。
空間がなにより大切。

三分割法イメージ

二分割法

シンプルさが特徴の二分割法。水平線や地平線のあるところで使ってみましょう。
等分で分けないところがポイントです。

ワンポイント

シンプルさが特徴!安定した写真になる効果もあります。

二分割法イメージ

ハイアングル

被写体(対象物)に注目しながら楽な姿勢で撮れ、より焦点をあてることができます。

ワンポイント

画面に広がりを持たせることもできます。

ハイアングルイメージ

アイアングル

被写体(対象物)と同じ目線で撮ることにより、同じ体験をしているような臨場感を演出することができます。

ワンポイント

自然に見たイメージを撮影できます。

アイアングル イメージ

ローアングル

被写体(対象物)をより大きく見せ、屋根や空を見せることにより、より開放感を生み出します。

ワンポイント

迫力や躍動感を出すこともできます。

ローアングルイメージ

光で被写体の表情が豊かに

被写体に光が当たることにより、被写体の表情が豊かになります。
光とは、発光している太陽、電灯(ライト)、フラッシュなどに加え、光が反射する壁やガラス、鏡や板、紙などです。また、逆光を利用して艶っぽく写すこともできます。

ワンポイント

光をさがして、被写体の表情を演出しよう。

光を探そうイメージ 光を探そうイメージ

色を使って写真にアクセントを

写真に色を意識して入れることで、視線をその場所にひきつけるようなポイントができます。

ワンポイント

指し色をさがして、ポイントをつけよう!

色を探そうイメージ 色を探そうイメージ
京王ナビへ

Copyright(C) 2017 Keio Corporation All rights reserved.

イメージ